倫理規定

臨床における倫理

  1. 医療提供者の専門的な知見に基づく判断を行い、患者様にとってもっとも適切かつ十分な医療を提供すること
  2. 患者様の権利を尊重し、できるだけ分かりやすく、十分な情報提供と専門的支援を行うこと
  3. 治療の決定権は患者様にあり、独りよがりな治療はしないこと

職業倫理

  1. 医療を受ける患者様の人格と権利を尊重し、患者様の立場にたった丁寧な言葉使いで分かりやすく説明し、信頼を得るよう努めます。
  2. 医療を受ける患者様のプライバシーを尊重し、職務上の守秘義務を遵守します。
  3. 良質の医療を提供するため、常に知識と技術の習得に努めます。
  4. 職業の尊厳と責任を自覚し、教養を深め、人格を高めるように努めます。
  5. 医療従事者として相互の立場を尊重し、良き協力関係を築き上げ、患者様の満足できる医療サービスに努めます。
  6. 地域の医療機関・福祉機関と積極的に連携を図り、住民の信頼にこたえます。
  7. 医療の公共性を重んじ、地域医療の向上を目指すとともに、関係法令を遵守します。